睡眠の不思議と安眠法TOP > 睡眠の仕組みを考える > 睡眠不足は肥満につながる?

睡眠不足になると肥満の危険がある

 
睡眠不足になると、肥満になりやすいといわれています。
なぜでしょうか?

いっけん、睡眠不足になるということは、
起きて活動している時間が長くなるので、
代謝が増えそうな気がします。

しかし、実際にはその逆であり、
体内環境が悪化し、食欲が増し、代謝も低下してしまいます。

眠らないでいると、
インスリン抵抗性が増し、血液中にあるブドウ糖を
うまく代謝できなくなります。

そうなると高血糖を招き、
それが内臓脂肪に蓄積していきます。

また交感神経が優位になるわけですが、
なかでも慢性的なストレス反応が起こり、
副腎皮質から糖質コルチコイド(コルチゾール)が
分泌されます。

コルチゾールは糖新生を誘発し、
筋肉(タンパク質)をブドウ糖に変えます。
これによって血糖値が上昇し、
内臓脂肪が増えていきます。

また糖新生によって筋肉が減れば、
基礎代謝が減少するので、
消費カロリーも低下することに・・・。

睡眠不足になると、
食欲にも変化が起こるといわれています。

レプチンというホルモンは、
食後に分泌され、食欲を抑制したり、
脂肪を分解・消費してくれる働きがあるのですが、
そのレプチンの分泌量が低下してしまいます。

そのいっぽうで、
胃から産生され、食欲を増す働きのある
グレリンというホルモンが多くなってきます。

内臓脂肪が増えやすくなっているところに、
さらに食欲が増して食べてしまうわけですね。

これによって内臓脂肪や皮下脂肪に
どんどん余計な脂肪が蓄積していくことになります。

起きている時間が増えるのだから、
それだけ代謝がアップするという
単純なものでもないわけですね。

このように寝不足になると、
体内環境が自然と太る方向に進んでしまうわけです。
ダイエットは、まずは睡眠からということですね。