睡眠の不思議と安眠法TOP > 睡眠の仕組みを考える > レム睡眠の働きは謎だらけ?

レム睡眠には独自の役割がある

 
レム睡眠といえば、夢をみる睡眠として知られています。

モニターで観察しながらレム睡眠に入っている状態の人を
起こした時に、
たいていの場合、夢を見ていたと言うそうです。

レム睡眠のときに夢を見るのは、大脳が活発に活動しているから、
とみることができます。

いっぽうノンレム睡眠時でも、
浅い状態のときには、
夢を見ているといわれています。

しかしレム睡眠の時の夢は、感情が伴ったり、
運動していることが多いのにたいして、
浅いノンレム睡眠時に見る夢は、
無味乾燥なものが多いようです。

レム睡眠の役割として、よく言われることとして、
記憶の整理整頓が挙げられます。

しかし、これはあくまで推測のレベルであって、
実際には、まだよくわかっていないそうです。

実際、最近の研究では、
記憶の整理にかんしては
レム睡眠時よりも、ノンレム睡眠時のほうが
関係が深いのでは、といわれています。

あるいは、どちらの睡眠時にも
記憶を整理しているのかもしれませんね。

脳を活発に働かせながら整理するか、
スリープモードにして整理するかの
違いだけなのかもしれません。

おそらくレム睡眠のときは、
大脳辺縁系にある扁桃体によって
記憶に重みづけをあたえ、
重要度を選別しているのではないでしょうか?

そして大脳の機能が低下するノンレム睡眠のときに、
いっきに記憶を整理したり移動させるのではないでしょうか?

ですから記憶の整理整頓にとっては、
どちらの睡眠も不可欠と見ることができそうです。

レム睡眠のときは、大脳は活発に動いていますが、
そのいっぽうで体が動きません。
厳密にいうと、眼球など一部の筋肉を除いては
動かなくなります。(もちろん自律神経系の筋肉は動いていますが)

脳からの指令は脊髄レベルでカットされ、
体からの感覚神経は視床レベルでカットされています。

もしこの抑制機構がなければ、
夢の通りに体が動いてしまいます。
また、ちょっとした刺激に反応してしまうことになります。
そうならないように、
うまくできているわけですね。