睡眠の不思議と安眠法TOP > 睡眠の仕組みを考える > 夢の不思議

夢の不思議はまだ解明されていない

 
夢は不思議です。

夢に何か意味を見出す人がいるようですが、
睡眠学者によれば、
単なる記憶の断片にすぎないのだそうです。

扁桃体による情動の興奮を軸として、
過去の記憶が拾われて、
夢というストーリーが生み出されます。

組み合わせは、いってみれば無数にありますから、
思いもよらないようなストーリーが
紡ぎだされることがあります。

人間の記憶の特性として、
断片化して格納されますから、
その組み合わせいかんによっては、
始めて遭遇するように感じるわけです。

レム睡眠中に夢を見るのは、
記憶を整理するために大脳が活発に賦活されているからです。
その結果として、夢という副産物が生み出されるわけです。

ですから神経科学者にとっては、
夢には何の意味もないのだそうです。

それよりも、
夢が生み出される機構やしくみに興味があるのだとか・・・。

でも一度みた夢って、意外に心に残ったりしますよね?
それを思い出すたびに、こころが癒されることもあります。

また普段体験できないような、
奇想天外なストーリーを体験でき、
けっこうストレスの解消になったりします。

もちろん怖い夢もあったりしますが、
楽しい夢、面白い夢はあったほうが断然いいですね。

レム睡眠の不可思議さが解明されるのは、
まだまだ先のことになりそうです。